はじめに大学で説明会に参加してからの合同説明会

はじめに大学で説明会に参加してからの合同説明会

合同説明会がはじまる前に、大学で合同説明会に参加する際の注意点などを聞いてから参加する事ができたので、不安に思う事がなかった点はメリットでした。
服装などに関しても、好印象な服装、メイクをしっかりと聞いていたので、内定に近づく第一歩だと思い、行く前には念入りに確認してから行きました。

複数の企業が同じ会場にいるため、どの場所でも油断する事なく、常に誰かにみられているという意識を持つ事で、集中して話を聞く事もできました。なお、合同説明会は一回だけではないため、出来る限り参加しました。



どの説明会でも気合を入れてしっかりと聞く姿勢が大事だという事も忘れず、実行する事ができました。
メモ用紙などや筆記用具に関しても、新調するのではなく、慣れているものを敢えて持っていく事で、しっかりと重要なところもメモする事ができました。



特に第一希望の会社に関しては、率先して質問する事もでき、予め説明会に行く前日にインターネットでホームページを読み込んでいきました。



重要だと思った事は、説明会に参加している企業のホームページなどは目を通してから参加する事が大事だと思いました。それに目を通す事で、内容がスムーズに理解する事ができるからです。

また、服装は問わないという説明会にもスーツ着用で参加しました。
スーツを着用する機会はあまり無かったため、面接までにスーツに慣れるためにも、スーツで参加した方が良いと思ったからです。

Copyright (C) 2016 はじめに大学で説明会に参加してからの合同説明会 All Rights Reserved.